お知らせ

2015年9月26日土曜日

経験則からいえば、「逃げるのと望むこと」は似て非なるものであり、全く違うと思う。例えばコールドコールをやりたくないなら、コールドコールをやる必要がある。なぜなら、まずは場数を踏まなければ、ちょっとした...

経験則からいえば、「逃げるのと望むこと」は似て非なるものであり、全く違うと思う。例えばコールドコールをやりたくないなら、コールドコールをやる必要がある。なぜなら、まずは場数を踏まなければ、ちょっとした相手でも逃げたくなってしまうからだ。極端な話、全てがコールドコールととらえかねない。他も似たようなもの。と同時に、いつまでもどっぷり浸かる必要はないので、卒業と同時にステージを移っていくことは大切。繰り返すが、逃げるのと望むのは違う、お陰様で今では、それをハッキリと言えるようになった…http://ift.tt/1iRGRP0

コールドコールの恐怖と恩恵 | HBS留学記
一昨日の話になるが、BGIE (Business Government and International Economy)のコールドコールに当たってしまった。この授業は2日に1回くらいのペースでかなり発言していたので、コールドコールは無いかと思っていたところの完全な不意打ちだった。しかも最初はメキシコ人のロドリゴがコールドコール当てられたのだが、 ...


From 山田招憲 - Google+ Posts http://ift.tt/1iRGQKG
via IFTTT

--スポンサードリンク--